Bergerac
En partie clair
12°C
 

Duras
Surtout nuageux
11°C
 
Logo Bergerac Duras

Pécharmant

ペシャルマンは、力強く、強いアロマを持った、特徴豊かな長期熟成型赤ワインです。

概要

ペシャルマンの特徴は、日当たりのよい丘と、特徴的な特有の土壌(トラン層。鉄分を含むコンクリーション)です。ペシャルマンは、ベルジュラック地方を象徴するワインで、その名声とイメージを守り続けています。

ペシャルマンは、力強く、コクがあり、アロマが強く、長期熟成能力を有する特有のワインです。しっかり醸造されたワインは、かすかにバニラの香りを持ち、こくのある味わい、スミレやカンゾウの香りのノートを有します。

数字で見るAOC

420

ヘクタール

37

軒の生産者

2000000

本のワイン

歴史を少し…

ペシャルマンのぶどう畑は、ベルジュラックの畑の中でも最も古いものです。11世紀~12世紀、ベルジュラックの城主支配地とさらにその北部には、ぶどう畑が存在していました。

1080年、ベルジュラックのサン・マルタン修道院の修道士が、「vinée nord(ヴィネ・ノール)」を開拓しました。今日では、ここが、ベルジュラック地方最初のぶどう畑と考えられています。ペシャルマンは、1946年3月12日デクレにより、AOC認定を受けました。

テロワール

ペリゴール地方の中心部、ペシャルマンには、11世紀以来、ぶどう畑が広がっています。オック語で「魅力的な丘」を意味します。ドルドーニュ川右岸、ベルジュラック北部に半円形に広がり、「旧ヴィネ・ノール」とも呼ばれることもあります。

南向きの斜面で、日当たりが非常によい丘です。

ペシャルマンを生産しているのは、クライス、ベルジュラック、ランブラ、サン・ソーヴァーの4つのコミューンです。

中央山塊の花崗岩が変化した「ペリゴールの砂と砂利」の土壌からなります。表層のレシバージュ作用により、土壌の下が粘土と鉄分の層になりました。この地層は深く、不透水性で「トラン」と呼ばれ、ペシャルマンに特有のテロワールの味わいを与えています。ペシャルマンは、真南向きの日当たりのよい土地で、温暖な海洋気候の恩恵を受けています。この局地気候により、ぶどうが十分に熟し、糖度とアロマが濃縮されています。

Dégustation

Température

17°C

サービス温度

Température

8~10年

熟成期間

Accompagnement

おすすめ料理

ジビエ料理、肉のロティ、チーズ

味わう